プログラミングを学んだそれぞれの違い

トレンドであるIT業界においては世界に先駆けた開発を行い、世の中にその名を轟かせるという野望を持つことができることから大志を抱いて業界に参入する人が増えてきています。情報技術について学んできた理系の人材だけでなく、独力でプログラミングを学んで就職、あるいは転職によってプログラマとなる文系の人材も増えてきている傾向があります。それぞれがIT業界において活躍するようになってきているものの、その能力に大きなギャップがあることから重宝される現場も異なるものとなってきています。

理系で長く情報技術について学んできたプログラマはいかにして効率的で理想に近づいたプログラムを記述することができるかということを追求することに長けています。そういったプログラミングの考え方を重視して教育を受けてきているため、どんなプログラムの開発においても常に最良のものを求めることが常識となっているのです。
一方、文系で独力で学んできたプログラマは目の前で作らなければならないプログラムをわかりやすいコーディングで作ることに長けています。基本的な入門書等を利用して基礎に忠実にプログラミングを学び、ようやく実用レベルに達した段階にあるため、より高度なことを行う段階に至っていないのです。そのため、わかりやすさのあるコードを記述できるということで重宝されることがあります。このように理系と文系では習得段階に応じて異なる特性が生じているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です