アピール力がある文系著名人

仕事では、直接業務に関わる技術力に加えて、アピール力も重要な能力です。自身の成果を積極的にアピールすることができる能力がなければ、人から評価してもらうことができません。
理系出身のプログラマは、こうした点について不得意としている人が多いです。アピール能力については、文系のプログラマがうまく発揮しているケースが多いです。もし仮にプログラミング技術では理系のエンジニアに多少劣るところがあったとしても、自身の成果を相手に伝える能力で補うことができます。

特に、ソフトウェア開発の業界で著名人としてネームバリューがある人物は、アピール能力が卓越しているという特徴があります。そうした人たちから学ぶべき点は非常に多いです。
控えめである事は、日本人の美徳として重要なことです。しかし、美徳にこだわるばかりに、優れた才能を持つプログラマの適性を評価されず埋もれてしまっては、ソフトウェア開発の業界全体の損失になってしまいます。プログラミング技術の向上はもちろんのこと、仕事の成果のアピール力についても合わせて高めていくことにより、適切な仕事の役割分担が果たせます。文系のプログラマはもちろんのこと、理系のプログラマについてもアピールを行う事の重要性について認識し、そのノウハウを身につけることに意味があります。こうして、適正に仕事の内容が評価される動きが活発になることで、ソフトウェア開発の業界のさらなる発展に効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です