IT系産業での必要性

IT系の産業で専門家として活躍していくためにはプログラミングに関する素養が重要になります。情報技術の活用には機械を使うことが必要であり、その機械を動かすための指示を出すためにはプログラムを作ることになるからです。それを実際に仕事にするプログラマとなるかは別の問題として、その行われ方や考え方を知っておかなければ円滑なコミュニケーションをとることが適わなくなってしまい、活躍の機会を逃してしまうことになりかねないのです。

しかし、換言すれば理系として情報系の学歴を積んでくることがIT系の産業で活躍するための必須条件となるわけではありません。それによってプログラミングに精通していることはそうでない人に比べてアドバンテージになるのは事実ですが、それが必ずしも100%活躍できることに直結するわけではないのです。プログラミングをするという仕事はIT系の産業における一つの仕事に過ぎず、その段階に至るまでには開発するプログラムの企画を考え、その仕様を策定する必要が生じます。そういった仕事においては社会のニーズを分析したり、利益を上げるための戦略を考えたりすることが必須となり、文系で社会学や経済学について学んできた人材の方が活躍できる可能性があります。文系であっても理系であってもその人が独自に持っているバックグラウンドを活用して、情報技術の文脈で考える能力があれば活躍できる場があるというのがIT系の産業の特徴なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です